清々しさを感じて in 富士見台高原
2018/06/16(Sat)
諸般の事情により、午前10時に帰宅した週末(6/16)。。。
空には雲一つなく、なんと清々しい事!
相場なら、帰ってお風呂入って、後は一日ゴロゴロコースですが
勿体ないお化けに怒られそうな天気

お風呂だけ入って、この清々しさを存分に味わう為に出発です
吟味した結果選んだのは中津川市にある「富士見台高原」
高原から見渡す景色は、さぞ清々しい事だろう


日頃の行いの賜物でしょうか、麓の「萬岳荘」についた頃には雲がモクモク。。
IMG_20180616_134725.jpg


登り始めた頃には、近づく事を拒むかのように雲が低く垂れこめはじめ、風も強くなってきました。
IMG_20180616_135939.jpg


それでも旅人は進みます。
IMG_20180616_140817.jpg


風がだめなら今度は太陽の番です。
雲の切れ間からジリジリと太陽が照り付けてます
IMG_20180616_142128.jpg



どっかの物語と違うのは、風で雲が切れ、お日様がポカポカと有り難い。
IMG_20180616_142427.jpg


峰に出て少し歩けば、頂上付近の岩場が見えてきました。
IMG_20180616_142747.jpg

今の我が家にピッタリなお手軽ナンチャッテ縦走コース



高原で早速おにぎりタイム。
今日は、急なプランの為、パーキングで仕入れた丸天のじゃがバターとホタテ棒(?)に味噌汁。
IMG_20180616_144302.jpg
IMG_20180616_150318.jpg


食後の珈琲は、景色を眺めながらホゲ~っと
IMG_20180616_151640.jpg



すっかり清々しい景色を堪能して、帰り道に「クアリゾート湯舟沢」ですっかりトロケテ
帰路に着きました。
IMG_20180616_165121.jpg




関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ピクニック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
百間滝と四谷千枚田
2018/06/10(Sun)
梅雨の晴れ間となった週末
前日の大雨のおかげで、空気もキレイになり
滝も違った姿が楽しめるだろう
そう思い立って向かったのは「百間滝」
途中、お気に入りのお店「CHACHA」に寄り、フルーツタルトを店先で戴く。
IMG_20180609_111109.jpg
IMG_20180609_111844.jpg


滝への三河大野駅側からの道は、工事通行止めの為、「朝霧湖」側から周り込ます。
こんなコンディションでは、貸し切りだろうと予想していましたが、さにあらず。
先客の車が3台とローディー3人・・・
物好きな人は居るもんですねぇ~


川上側に車を留めて、川辺へと降りていきます。
まだ少し残った若葉がキレイに光ってました。
P1140878.jpg
P1140946.jpg

河原には、いい風が流れていて、お尻に根が生えそうです。
P1140887.jpg
P1140944.jpg



滝にそって正面へと降りていくと、轟音を響かせて流れ落ちていました。
やはり「百間滝」は勇壮な姿が似合います。
P1140908.jpg


ゆっくりと堪能したい所ですが、マイナスイオンどころか、しぶきを浴びながらの滝観となり、早々に退散しました。


再び川上の河原に腰を下して、おにぎりタイムにしました。
P1140933.jpg

少し寒い位の心地よさに、食後はしばしのうたた寝です。(イツモトイッショカ・・・)

身体が少し冷えたので、温泉へと向かいました。
姫のリクエストで、久しぶりの「天然療養泉 とうえい温泉 花まつりの湯」です。
P1140953.jpg

長湯をすると、湯あたりする事を風呂上りに知り、なんだかグッタリした理由が分かりました。

温泉の裏に流れる大千瀬川の名勝”奥三河のナイアガラ”があるとのうたい文句に、期待もせずに覗いてみる事に。
温泉から徒歩2分。「蔦の淵」に到着。
どうしてなかなか、見応えありです。
IMG_1015.jpg


家への帰り道、少し寄り道をして「四谷の千枚田」を初めて訪れました。
幾段にも細かく区切られた田んぼは、機械が入る様な大きさや、四角い形をしておらず、人手に頼った手植えと稲刈りではないでしょうか?想像しただけで、腰が痛くなりそうです。
P1140962.jpg

かつて自転車コースに組み込んだものの、塩漬けになっていた場所へやっと訪れる事が出来ました。


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新緑を浴びに in 柿其渓谷
2018/06/02(Sat)
久し振りに訪れた橋は、以前と変わらず受け入れた
P1140749.jpg

川に流れる風は、思ったより寒くはなかった
P1140751.jpg


河原に降りて手に触れる水も、雪解けの冷たさは感じられない
P1140755.jpg


これが見たくて訪れた、コバルトブルーの川面も変わらずに、輝いていた。
P1140776.jpg
P1140782.jpg



滝見の東屋に腰を下し、麓で仕入れた朴葉饅頭を戴く。
P1140808.jpg


「牛ヶ滝」は、滝壺に近寄って飛沫を浴びれないのが残念
P1140816.jpg


折角なので、脇道を上り、森の新緑を楽しみながら散策をした
P1140830.jpg


川に戻って木陰を探し、シートを広げる場所を探す
P1140854.jpg


魚を見付けた場所の近くに陣取り、おにぎりタイム
P1140862.jpg
P1140870.jpg



おにぎりの後は、ゴロット昼寝。
川の流れる音と、遠くに聴こえる小鳥のさえずりをB.G.Mにお昼寝を楽しむ。

至福のひと時は、初老をとうに超えた団体さんによって、脆くも終わりを告げた。
思い描いていたエンディングとのギャップに、現実はより残酷である事を実感しつつ
「柿其渓谷」を後にした。




関連記事
この記事のURL | ピクニック | CM(2) | TB(0) | ▲ top
山並み堪能 幕の内
2018/05/19(Sat)
毎年G.W明けの週末に安曇野に出掛けるのを楽しみにしています。
田んぼの水面に映った冠雪の残った並みを撮影するのです。

だいたい安曇野の田圃はG.W明けの週には水を張り、週末に田植えをするようです。
そうなると、週末が限られた撮影チャンスとなるわけですが、今年は、都合が付かず今週に


天候も徐々に雲が取れ始め、所々青空が覗ている
雲が取れた並みには、僅かばかりだが冠雪が残っていました


並みを見渡せる場所として向かった「岳博物館」
向かう道すがらに「農具川」沿いで開かれていたアヤメ祭りを覗いて見ました。
P1140551.jpg

こちらに移り住んで4年の方が開催されているそうで
4年でここまで整備出来るものかと、感心しきり。

岳博物館」の芝生には、ピクニックを楽しむ家族連れで賑わう
そりゃ、こんな景色を眺めながら食べるお弁当は美味しいだろう
P1140583.jpg


休憩小屋からの景色も、絵になる
P1140572.jpg



気が付けばすでにお昼過ぎ、近くのお蕎麦屋さんへ行く事に
勿論電話で営業してるか確認しましたよ。 ハイ。

風にざわめく田んぼの水面を眺めながら、お蕎麦屋さん「わっぱら屋」さんに到着。
P1140602.jpg
P1140604.jpg


13時過ぎだからなのか、結構な待ちを覚悟していたが、肩透かし
「この季節なら菜でしょう!」
全員一致で山菜蕎麦
自分だけは造反して、ざる蕎麦大盛に山菜のアラカルト
山菜のエグミもなく、美味しく戴けました。
DSC02004.jpg
DSC02006.jpg



蕎麦でゲフゲフになって向かったのは「大町ダム」
ダム湖越しに見える山並みは、手軽に山深さが味わえました。
P1140616.jpg

久し振りにダムカードもゲット出来ました。
P1140617.jpg


麓に戻り、「カフェ風のいろ」で珈琲の香りをと、山並みを楽しみます
P1140622.jpg

庭のベンチで寛いでみましたが、チョット肌寒く、早々に店内に退散です。
P1140625.jpg

帰る間際に、姫が『「カミツレの里」に行きたい!』とのたまうので、お供します
P1140649.jpg
収穫は来月上旬と言う事で、今年はカミツレに嫌われました。

あっちや、こっちやと、幕の内気味になりましたが
帰りは、覚悟していた高速の渋滞も無く、あっけなく家に着くことが出来
山並みを十分に堪能出来た一日でした。

関連記事
この記事のURL | うどん・蕎麦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャレンジ ザ ミッション
2018/05/06(Sun)
G.W最終日
例年の流れなら、近くの公園の芝生の上で”ゴロリ”の予定ですが
先日の現地偵察では、ワィノ、ワィノの大賑わい、駐車場も満車で園内の道路に溢れている有様・・・
最終日は、皆自宅で巣籠か、近場で済ます確率が高いと思うのですが、それでもドンチャカ大音量で楽しまれている集団には近寄りたくないのが正直な所。。

そこで、最近巷で話題の(?)NHKドラマ「半分、青い。」の舞台にもなっている、恵那つながりとして、「寿老滝」で、ゴロり(ケッキョク ゴロリトスルダケナンデスガ・・・)として、冬季休業明けの「キュルティヴァトゥール」でパンを仕入れ、「東農牧場」でソフトクリームを堪能するという壮大なミッション(?)に挑む事にしたのです。(ケッキョク イツモトイッショ)

最初のミッション「寿老滝」でゴロリという、いきなり難易度の高いミッションに挑む
先客がベストポジションで”ゴロリ”としていたら、そこで壮大な計画の大部分は玉砕する事になる。
到着すると、人気が無く、あっけなくベスポジを確保する。
01_20180506205030eb2.jpg


滝も、予想より元気に流れていたので安心しました。
02_20180506205032089.jpg


早速マットを敷いて、お弁当タイム
食後の珈琲で安らぎのひと時を過ごし、いよいよミッション開始!



ゴ~ロゴロ、ゴ~ロゴロ
あ~、しあわせ~♪
IMG_0081.jpg





折角なので、滝の近くでマイナスイオンを全身に充電して、ファーストミッション終了。
03_2018050620503305c.jpg
04_20180506205033b47.jpg


次なるミッションは「東濃牧場」でソフトクリームを堪能する。
これは難易度は低い
一時営業休止していたが、再開したとの、確かな筋からの情報を得ていたのだ。

久し振りの「東濃まきば館」は、何か暗いような・・・
06_20180506205036d5d.jpg

でもテラス席にはお客さんらしき人が何人か・・・
近寄ってみると
07_20180506205037003.jpg

またしてもやらかしてしもぅた!
『臨時休業』
最近、なかなかの打率です。。



諦めて、牧場の香しい香りが比較的少ない場所を選んで
マットを広げてティータイムです
09_20180506205041469.jpg
08_20180506205039e97.jpg


変わり者ぶりを存分に発揮した後は、ラストミッションの「キュルティヴァトゥール」での買い出し
難易度;中

なんせ人気のパン屋さんで、午後2時近い時間にパンが残っている確率は低い。
だけど、なんか一つ位はあるでしょう?
ダメ元でお店に入ると、奇跡的に何点か残っていたフランスパンやクロワッサン等数点をゲット!
残念なのは、嬉しさのあまり写真を撮るのを失念した事。


何となく救われた想いで、ミッションの反省会を兼ねた、温泉に浸かってトロケルタイムに突入です
前回”ボイラー故障で復旧の目途たたず”との、何とも絶望的な告知を目にした「花白温泉」へ
流石に『臨時休業』のダブルアタックを食らうと、立ち直れそうにないので、電話で確認してから向かいました。
10_20180506205042100.jpg
11_20180506205043c6e.jpg

温泉は、至って普通に芯まで温まり、何事もなく帰路に着けました。

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ