久し振りのメンテナンス
2017/09/17(Sun)
台風直撃の連休中日、午前中に買い物お供を済ませ、後は巣籠・・・
も退屈なので、以前より気になっていた自転車(FELT)のFD(前側変速機)が動きが悪かったので調整をする事に。

おそらくシフトワイヤーのホツレや切れだろう?とふんで、早速交換。
でも、こないだバーテープ(ハンドルのクッションテープ)を交換したばかり。
安物とはいえ、勿体ないので、ワイヤーのみ差し替えに挑戦。

これが意外に難なく終了してしまったので、お正月のお楽しみに準備していた、リアブレーキのOHと、チェーンリングとチェーンもついでに交換する事にしました。購入以来変えていないので、地球1周以上は走っているのは確実。インナーはエッジもあり問題無さそうだが、アウターは角が取れて円熟味を増してきている。KCMのチェーンもおそらくのび太君だろうから、交換。
チェーンリングはFSAのGossumer50-34からTA48-33へ、チェーンはKCMからアルテ(シマノ アルテグラ)に変更。

リアブレーキのOHは、何度もしているので、何となく終了。
でも、雨の日や水たまり1,2回走る度にこれやるのはメンドクサイ!
自治区にポチットしたくなります。

チェーンリングも意外と簡単に取り換え終了。
P1130177.jpg
P1130181.jpg
P1130182.jpg

チェ―ンの長さも短く切り過ぎて、アウターローに変速しない。。
1.5コマ足してこれはクリアー。
でも、シマノの取説はアバウトで解り辛い様な・・・

明日は早速試してみたいが、お仕事なので、来週の楽しみにしよう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自転車 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
爽やかサイクリング
2017/08/27(Sun)
今日は木漏れ日の中を走りたい!
そう考えると、山岳かナンタラ高原になる。
どちらも、お昼前後には切り上げたいという大前提に引っかかるのでN.G
思いついたのは「奥矢作湖」へ向かう川沿いの”のんびりコース”と湖の周遊道路。
午前中なら少しは涼しいのでは?との希望的観測で向かいました。

スタート地点は、毎度の「昭和の森」
スタート前の車体チェックで、リアブレーキが引きずっているのと、FD(フロントディレイラー 要は前側変速機)がアウターにシフトしない病が再発しているのを発見。FDの不調はワイヤーがほつれて切れかかっている可能性が高い。
その場で応急処置を施し、何とか出発出来たのが8:30

スタートして「昭和の森」入り口から直ぐの坂がキツイのナンノ
以前に比べて自転車一台分背負っているわけだから、そのハンディが正直に出ているのだろうけど、まるでブレーキを掛けたまま走っている様な感じ。。

『今日は止めよっかな?』

スタートして500mも走らないうちに弱気になる。

『今日やめても、又同じ事を繰り返すだけ!』
とは考えず『まぁ、行ける所まで行ってみるか。。』でエッチラホッチラ

何とか小渡の街に近づくと、あちらこちらの軒先に沢山の風鈴
「夢かけ 風鈴祭り」の期間中と知る。
IMG_20170827_091616.jpg

風になでられ、一斉に風鈴達が鳴く チリチリチリーン
風鈴の合唱の中を走るのも、風情があっていいもんだな~

小渡のサークルK改めファミマで恒例の大休憩をしてから、木陰の多い湖の南側を走る
久し振りの風景が広がり、少し嬉しくなる。
IMG_20170827_095433.jpg

ダムからの眺めも懐かしいが、どこかよそよそしい感じがする。
IMG_20170827_100055.jpg
未だに自分の環境設定が、関東のままなのだろうか?

ダムから上は反対側の周遊道路を走る。
「滝見橋」で滝を観て、
IMG_20170827_104003.jpg
休憩場でゴロンとしてから折り返す
IMG_20170827_104330.jpg

秋には見事な錦のトンネルも、いまは清涼トンネルを作ってくれている。
IMG_20170827_110141.jpg

あれ程楽しかった湖からの下りも、正直ピンとこない。
でも、南側の復路は木陰の道が多く、上のほうでは肌寒い位に涼しかった。

小渡のファミマで飲料水を補給して、帰り道は川の南側”のんびりコース”を走ってみる事にした。
噂通り、車が殆ど通らず、安心してのんびり木陰の中を走れる。
IMG_20170827_120738.jpg

っと思っていたのも束の間。通行止め看板登場! 10月末まで通行止め・・・
IMG_20170827_121119.jpg

結局いつものハイスピードコースをのんびり走る羽目に。。

通行止め区間を過ぎたところから再びコースイン。
路面状態はあまり良くはないが、安心できる事と、いかにも田舎道らしくて嬉しくなる。
IMG_20170827_124959.jpg


奥矢作の辺りが、この時期意外と涼しくて、爽やかサイクリングが出来る事を発見して
今日は気持ちのいい走りが出来た。

この記事のURL | 自転車 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
パッとしない
2017/08/20(Sun)
久しぶりに「やんばる」のソーキソバが食べたくなり、今朝は「三国山」方面へと向かった。

庄内川沿いの堤防道路を走るが、一昨日までの雨の多さが、水嵩の高さとなって、もう2,3日降り続けば氾濫していたのではないだろうか?
P1130022.jpg


途中「道の駅 せと品野」で一服。
道の駅の直前でフロントギアが変速しなくなった。
ヤマザキのベーコンエッグパンをほう張りながら、調整してみるが、どうも上手く行かない。

まぁ、軽いギアに固定されるだけなので、貧脚の持ち主には関係が無かろうと、雨沢峠を登る。
どうも、ここの峠は居心地が悪い。
というか、場違いなのである。
”イベント(レース)に向けて、日々トレーニングを積んで、コンマ何秒のしのぎを削っている場所に、お気楽なサイクリストが冷やかし半分にやってきました”と言わんばかりの状況なのだから、当然か。

峠の途中の「三国山」への入り口で一服。
蓮の花が目に留まったのである。
P1130019.jpg
いや、一服したかったのが先か

田んぼの稲はそろそろ色を黄金に変えはじめていた。
P1130021.jpg

長い休憩の後、三国山を登りはじめて中腹位だろうか、バックミラーが無いのに気が付く。
あぁ、さっきの大休憩ポイントか、、
仕方なしに雨沢峠からの入り口まで下る。
無事ミラーを回収した時には、もう既に戦意喪失。。。

あんなにヒーコラ登った坂を、あっという間に下り、自宅に着いたのはお昼1時間前。。
今日はパッとしない走りだった。
この記事のURL | 自転車 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒル下がりの出来事
2017/08/19(Sat)
今朝(8/19)の朝食後、姫様曰く「ここに行きたい!」とパソコンの画面を指さす。
でっ、急遽訪れたのは「瀧原宮」。
お伊勢さんの内宮の別院だそうです。
P1120968.jpg

キレイに整備された参道を少し歩くと、手水舎への案内に沿って進むと川にでた
お伊勢さんと同じく、自然の川が手水舎となっていました。
P1120975.jpg
暫し、手を川に浸し、流れる音に耳を傾ける

参道の雰囲気は内宮と言うより、外宮のそれに似ている気がする
P1120986.jpg
P1120983.jpg
P1120991.jpg

お参りを済ませ、駐車場口にあった「道の駅 木つつ木」でお昼を戴く。
海鮮かき揚げと梅ジャコご飯定食+ドリンクバーセットで¥700!
P1130003.jpg
味もなかなか、量も程よく、かなりの高評価です。

ご機嫌になって、ついでに近場の滝を観に行くことに。
これが間違いの元でした。

訪れたのは「笠木不動の滝 雄滝」
P1130015.jpg
意外にも滝の周りはジメッとした空気に包まれていました。

帰りの高速は渋滞して、辿り着いて一服していたら、義母の足から血がダラダラ!
怪我の処置や原因の究明、点々と着いた血痕のふき取り、と大騒ぎ。
散々調べた結果、廊下の床にうごめく物が・・・


山ヒルでした。

おそらく滝への参道の木から降って来たのでしょう。
初めて実物をみましたが、居るんですね未だに。。
なんだか今日は最後のヒル登場で、メインがヒルになってしましました。。。
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雨上がりのサイクリング
2017/08/12(Sat)
今朝起きてみれば、昨日の様などんより曇り空。
ちょっと迷ったが、雨雲レーダー予報を信じて出発。

今日(8/12)は60kmの壁を超えるため、チョット長めの80kmコースを選択


昨日の雨で、曽野口から眺める川も増水しています
IMG_20170812_084211.jpg

曽野口からの登りは、渓流に沿って走り、登りの苦しさを少しだけ和らげてくれる。
特に今日はBGMのボリュームが大きい。

定光寺から多治見に抜け、いつもの教会の裏庭でうたた寝を楽しむ。
幸せのひと時である。

小腹が空いたので、久しぶりに「信濃屋」さんに寄るが、11:30からのオープンとの事で、断念。
月見林道へと向かう。

大雨の後のお約束通り、路面には溢れ出た水が流れ、苔むした坂道はズルズルと良く滑る。
まっとうな道に出て一服。
IMG_20170812_102553.jpg

今日は、山の近くのあちこちで通行止め看板に出くわす
IMG_20170812_103415.jpg

なんとか、いつもの休憩場所にたどり着き、一服
IMG_20170812_104538.jpg

コース通りならもう一度森に入る事になるが、登り切った先で通行止め看板に出くわすのは悲しいので、今日はこのまま下山します。
すっかり天気が良くなり、厳しい日差しが降り注ぎます。
途中のお気に入りスポットでまた休憩。

JR「古虎渓」の駅は、普通電車しか止まらない為か、普段は無人駅。
階段を5,6段程上がった、改札前の木製ベンチがお気に入りスポット。

時折通る電車の音以外は蝉の声しかしない、田舎の静かな駅。
涼しい風が通り抜け、何ともノスタルジーな世界に浸る事が出来る。
欲を言えば、改札辺りに南部鉄の風鈴を吊るして欲しいものだ。

今日は行ったり来たりも含めて87km。
お昼ごはんには間に合った。
この記事のURL | 自転車 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ