あ~ら 勘違い
2018/02/18(Sun)
前回、メタセコイヤの枝に雪が積もった景色が見たい。
ろくに前日の天気予報や当日の気温を確認せずにマキノを訪れ、見事にハズレ。。

そこで本日(2/18)リベンジ。
前日の天候は夕方から雪模様、当日も午前中が雪、気温も正午まで0℃前後の予報。

朝9時前までにはマキノに着けるように出発。
道中の道路は予想以上に除雪されていて、間近の田舎道以外なら夏タイヤでも行けそうなくらい。
また今回も返り討ちだろうか?

着いた頃は人も疎らで、雪が降ったり止んだり。
肝心の樹の上の積雪は今一つ。。
CIMG0148.jpg 


青空が覗くと、並木の向こうの山が眩しく輝く
CIMG0113.jpg


手がかじかんできたので、ピックランドに入って「栗ぜんざい」を頂きました。
CIMG0134.jpg

その横で、姫様は「マロンジェラート」に直産で買ったイチゴをトッピング・・・
CIMG0129_20180218201817107.jpg
見てるだけで寒いわ!

何となく物足りない感がいっぱいになったので、偉大なる自然に癒されに行く事に

前日に巨木サイトでしらべておいた黒田にある巨木
Googleの地図をNaviに送信して出発です
マキノから程近い郷の端で待っていたのは「黒田の白樫」

神社の御神木だそうだ。
DSC00806.jpg 

DSC00815.jpg 
DSC00838.jpg 




でも、、なんか、、、違和感。。。
まぁ、姫もご機嫌だからいいっか~


身体も冷えたので、「ちゃんぽん亭」で近江ちゃんぽんをぱくついてから
CIMG0183.jpg 


「姉川温泉」でホッコリしてから帰りました。

で、
違和感の原因が判明

行きたかったのは「黒田の樫」
今日行ったのは

う~ん、意図文字違い。
おっしい!!
って問題ではなく、リベンジの指令が下りました。。。


関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 森林浴 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湯治 & 巨木
2018/02/11(Sun)
三連休初日の今日は午後より雨予報、、、

どこの温泉に行こうか?
温泉だけと言うのもつまらないし・・・
ふと思いついて、”巨木”のサイトを除いていると、意外と近くに良さげな巨木くん発見。

お昼前に出発し、瑞浪I.Cを降りてしばし走るとかつての宿場町の名残が見えてきました。
IMG_20180210_132556.jpg

ここは中山道の宿場町「大湫宿」
本陣もあり、かつては大名や幕史にも利用された宿場町だそうです。

公民館に車を停め、向かいの観光案内所となっている「丸森邸」を覗きます。
IMG_20180210_130841.jpg

100年以上も昔の物から私の世代に近い物まで、各家々に残されていたお雛様が飾られています。
IMG_20180210_125817.jpg
IMG_20180210_125903.jpg
IMG_4246.jpg

お雛様も地方によっての特色や、その時代の背景が出ていて、なかなか楽しめます。

かつては賑わったであろう宿場町も、小学校は廃校となり、路を歩く人は殆ど居ません。
ストーブを囲み、淹れて頂いたお茶をすすりながら、かつての賑わった頃のお話を伺た。

家々からの視線を感じつつ「白山神社」にご挨拶をしておきます。
階段を幾段か上ると、凛とした空気の中に小さな祠が祀られていました。
IMG_20180210_131502.jpg
凍てついた地面を踏みしめながらお参りをしました。

お目当ての巨木が居るのは、「白山神社」から西へと歩き、脇本陣まえを通り過ぎると「神明神社」があります。
その圧倒的な存在は、鳥居をくぐる前から主張していました。
IMG_20180210_133109.jpg

推定樹齢1300年の時間が刻まれたような大きくうねりながら天空に伸びる幹は、参拝する者に有無をも言わせぬ迫力があり、畏怖の念を抱かずには居られません。
IMG_20180210_133331.jpg

ありがちな遠巻きににしか見られない隔離保護柵が無く、直に手に触れる事が出来、少しだけスキンシップを楽しみます。

姫様大満足の笑顔を確認して、今日のもう一つの目的”湯治”に向かいます。
向かったのは以前から姫が気になっていたと言う、明智鉄道沿いにある「花白温泉

「花白温泉」と言う駅の前にある駐車場はガラガラ
IMG_20180210_153214.jpg

「時間がまだ早いからかな? 泳いでかんよ」などと喋りながら入口に前の看板に気が付く

『ボイラー故障の為、当分の間お風呂は入れません』
IMG_20180210_153330.jpg


姫の必殺技「臨時休業」炸裂です・・・


気を取り直して、恵那の「ラヂウム温泉」に行く事に
温泉に着くころには雨が降り出していました。
IMG_20180210_161702.jpg


ここの温泉は2度目の入湯。
ここは放射能泉で、少し熱め。
前回長湯をして、湯あたりした記憶があります。

二人共すっかり茹で上がって本日終了。
今日も充実した休日が過ごせました。
関連記事
この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湯治
2018/02/04(Sun)
2ヶ月程前に姫が捻挫をしまして、、、
捻挫なんか一週間もすれば治ると放置してましたら、医者に診てもらった時には慢性気味な鈍痛が残る状態に。。。

そんな事もあり、最近の週末は近場の捻挫に効きそうな温泉巡りをしています。
最初は近場の「池田温泉」、次の週末は「海津温泉」、そして今回は「根尾谷温泉」に行くつもりで、揖斐方面にお昼前に出発しました。

まずは揖斐川方面でお気に入りの「珈琲 まめ」にて、珈琲と焼きそば大盛を二人で分けて戴きました。喫茶店とは思えないクオリティの焼きそばの味です。きっとお好み焼きも美味しいに違いありません。
IMG_4148.jpg


焼きそばをつつきながら「そう言えば、前回池田温泉に来たときに、電動レンタサイクルのパンフにあったマチュピチュが近いんじゃない?」との仰せにより、「岐阜のマチュピチュ」による寄る事にしました。

「下栗の里」の様な里をイメージして着いた所は誰もいない茶畑・・・。
IMG_4157.jpg

駐車場で手作り感満載の案内図を頂き、入口のおじさんに「雪だから・・・」っと言われるも、自己責任で”危なそうなら即撤退”で行ける所まで。

獣避けの網を通り、進んだ道は整備されているものの、雪が積もった上には、人の足跡より獣の足跡(猪ちゃんかな?)の方が多い位。。。
IMG_20180203_134929.jpg
IMG_20180203_135035.jpg


最終のA地点は積雪が深く断念。
万年捻挫の姫でもペンギン歩きで到達出来たB地点から見下ろす景色は、山深く分け入った隠れ里の茶畑。
IMG_4201.jpg


なにもこんな山の上に栽培しなくても、、、
きっとこの山の厳しい寒さがお茶を美味しくするのでしょうね。

入口のおじさんにお礼を言って、今日の目的の温泉へ出発。
そこでネットを見ていた姫が、何やら近くの薬草風呂を発見。
急遽「かすが モリモリ村」の薬草湯に予定変更です。。

到着したのは、いかにも”三セク”っぽい施設。
IMG_4212.jpg


正直、あまり期待せずに入りましたが、普通のお風呂にいかにも身体に良さそうな薬草がタップリ!
けっこうな長湯になってしまいました。
湯上りには”薬膳ラーメン”をレストランで戴き、外から中から薬草漬けになりました。

なんだか、予定とは随分変更になりましたが、結構楽しめました。

関連記事
この記事のURL | 温泉 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
やっぱり”食べログ”
2018/01/16(Tue)
なんだか最近の週末は、姫と二人でブラブラと食べ歩いている日が多いような気がする・・・


いや、  たぶんそうなんだろう。。。


先週末も久し振りに昼ご飯にと「綾小町」にうどんを食べに行った。
01_20180116220310548.jpg

ねぎ3回+大好きなエビ天とカボチャは分けっこして戴きます。
久し振りの”讃岐うどん”
美味しさ健在で、ホットしました。
02_20180116220311846.jpg


2年ぶりぐらいのうどんは、相変わらず美味しかったが、TVの取材が来ていて、落ち着いて味わう事が出来ず、早々に退散した。


もう少し足を伸ばして、かなり久し振りな「池田温泉」に向かった。
温泉に浸かる前に、道の駅で”大垣 赤味噌たこ焼き”なるモノをぱくつく。
03_20180116220312b46.jpg
04_201801162203144dc.jpg


予想以上美味しく戴いた後は、家族連れで賑わう「池田温泉 本館」のお風呂に浸かりました。
ヌメリ系の泉質は少し温めで、のんびりと長湯が楽しめました。


帰り道に、何かお昼(うどん)を落ち着いて堪能できなかった反動からか、穂積駅近くの「みつはっち屋」さんに寄りました。
05_20180116220315c4f.jpg
06_2018011622031770d.jpg


団子食べ比べセットは、どれも本格的なお味ですが、なんだか決まり事が随分増えて、メニューも選択肢が減っていました。
ここもTVが来てからかなり賑わった様で、近隣からのクレームが増えたり、捌き切れないお客への対応策としての結果と思われます。

地元ファンとしては、有名になって繁盛するのは嬉しくもありますが、お店との距離が遠くなった気がして、少し寂しくもあるんですよね。忙しすぎると、お店の雰囲気も余裕がなく忙しなくセカセカした感じがこちらにも伝わってきてしまうのですよね。


って、、やっぱり今週も食べログになってるなぁ・・・


関連記事
この記事のURL | うどん・蕎麦 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
自転車の車載方法
2018/01/03(Wed)
正月休みも残り1日
食っちゃ、寝の毎日で、苔が生えそうです。。
午前中、近くの「伊奴神社」へお参りに行くも玉砕・・・
1_20180103132311d74.jpg


こんな時こそ気になっていた自転車メンテナンス!
車が変わってから半年以上、ベストな車載方法に未だ到達していない。
前輪だけを外していた今までの方法では、サドルが天井に当たる。
前後輪を外せばギリギリ当たらないが、後輪ステーを取り付けて、チェーンの養生カバー取付が余分に必要な作業

今回は、後輪を付けたままの車載をする為に、いっそサドルを取ってしまうパターンを試してみる事に。
でも、サドルを外すにはシートクラプの六角ボルトを緩めて、シートポストを引き抜く手間がある。
そこで、作業を簡略化する為に、シートクランプをクイックタイプに交換し
P1130988.jpg
P1130989.jpg


シートポストの差し込み長さをミニマムな長さにカットしてみました。
P1130941.jpg

シートポストはカーボン製なので、カットした面はバリ取りをしてから瞬間接着剤でホツレ留め処理をしておきます。
P1130942.jpg

以前に拝見したハッチバックに乗るサイクリストは、毛布を敷いて、その上に寝かせていましたが、やはり1台が前提でした。
クラウンはトランクルームに前後輪外して入る広さが驚きでした。
ワゴン車やセダンに乗っているサイクリストは、やはり横に倒しての車載パターンが多いのでしょうかね?

関連記事
この記事のURL | 自転車 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ